決済会社に連絡する

長期化する可能性もある

悪徳業者が嫌がることをしよう

料金をクレジットカードなどで支払いをした場合は必ず決済会社に連絡するようにしてください。

決済会社というのは不正を働く業者に対して厳しい制裁を働きますし、決済を取りやめたりもします。少しでも悪評が立っているところに対しては厳しい処分を取ります。

そういった不正に関する取引を許さないからこそ決済会社は信用されているわけでもあります。

悪徳業者からしてみればやはり売り上げを考えると1人の利用者の金額よりも決済会社に連絡されて決済中止になるほうが圧倒的に損失が多いわけです。

ですから決済会社に連絡を入れることで今まで使っていた料金のいくらかを返してもらえるかもしれません。

もちろん決済会社に連絡を入れるというのは生活消費者センターや弁護士に相談をした上で行ったほうがいいです。

悪徳業者によって今まで騙されたわけです。

これまで費やしてきた時間や労力はもう戻ってくることはないかもしれませんが、お金だけは少しでも戻ってきたほうがいいですよね。

当然悪徳業者も自信の正当性を訴えてきて長期化する傾向もあるかもしれませんが、長期化しても基本的にはプロに任せるようにしましょう。

悪徳業者に対する取り締まりはかなり厳しくなっていますが、それでもさらに数を減らしていくことが大切です。

やられたままで居たら悪徳業者がのさばってしまいます。