会社概要に関する記載がない

公開義務がある

どんな会社か確認する

インターネットサービスを提供している会社というのは必ず会社名を後悔しなければいけないという決まりがあります。

しかし悪徳業者の場合は自分が悪い事をしている自覚があります。そして人は悪い事をしている時に堂々と行うものではなくて隠れてコソコソ行っています。

悪徳業者はなるべく利用者からのクレームが行かないようにするために電話番号の表示がなかったり、会社名を隠したり、代表者の名前や運営の住所を隠しているところが多いです。

なるべく警察などの調査が入るのも遅らせようとしているのです。

出会い系サイトはあまり表舞台に立ってこないためどんな会社が運営をしているのかどうかを会社概要を見ても分からないから見る必要はないと思うかもしれませんが、会社概要に関する記載がないようなところを利用するなんて怖いですよね。

必要最低限の法律を守っていないようなところを利用するのは危険です。

また出会い系サイトには必ず運営をする際に申請手続きをしなければいけない決まりがあります。

申請するものは二つです。

一つは総務省、もう一つは警察庁の申請をする必要があり、認可された必ずホームページ上に公開をしていなければいけません。

大体は特定商取引法のページなどに書かれていることが多いのでしっかりと見ておきましょう。